読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

75行のミニマムなViewPagerIndicatorライブラリ書いた

github.com

特徴

  • コードベースがかなり小さい
  • シンプルなインターフェース

使い方

参照するレポジトリにjitpackを追加して、

  repositories {
    maven {
      url "https://jitpack.io"
    }
  }

LxIndicatorViewをdependenciesに追加する

  dependencies {
    compile 'com.github.kazy1991:LxIndicatorView:0.2'
  }

下のコードがサンプルの実装

public class RootActivity extends AppCompatActivity {

    private final static int[] COLOR_LIST = {0xff7cd5aa, 0xfff1e6a2, 0xfffecc5a, 0xffff8b58, 0xffe92440};

    private final static int VIEW_COUNT = COLOR_LIST.length;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_root);
        final ViewPager viewPager = (ViewPager) findViewById(R.id.view_pager);
        final LxIndicatorGroup indicatorGroup = (LxIndicatorGroup) findViewById(R.id.indicator_view);
        indicatorGroup.setup(VIEW_COUNT, R.drawable.indicator);
        SampleViewPagerAdapter adapter = new SampleViewPagerAdapter();
        for (int color : COLOR_LIST) {
            FrameLayout view = new FrameLayout(this);
            view.setBackgroundColor(color);
            adapter.addView(view);
        }
        viewPager.setAdapter(adapter);
        viewPager.addOnPageChangeListener(indicatorGroup.getSyncPositionListener());
    }
}

詳細はレポジトリのサンプルを参照

背景

IndicatorViewが欲しくなって書いたんですが、今まで4~5回は実装を書いてるので分離してライブラリにしました。
凝ったアニメーションはいらないけど、自分で実装するのはダルい という時お使いください。