読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理系ドキュメンタリー

二郎は鮨の夢を見る

f:id:kazy1991:20170326105503j:plain

あらすじ

二郎は鮨の夢を見る』(じろうはすしのゆめをみる、原題:Jiro Dreams of Sushi)は、2011年に公開されたデヴィッド・ゲルブ (David Gelb) 監督によるアメリカ合衆国ドキュメンタリー映画。85歳の寿司職人で「すきやばし次郎」の店主である小野二郎を追い、すしの技を極めようと探求し続けるその姿と、伝説的存在である父に追いつくべく奮闘する長男・禎一(よしかず)を捉えた作品。映画には、もうひとりの息子である次男・隆士(たかし)が経営する、よく似た感じだが、より気楽な雰囲気のある店との対比も短く描かれている。

二郎は鮨の夢を見る - Wikipedia

思い出

カナダに超短期留学してた時に、ホストファミリーに連れてってもらった事がこの映画を知ったきっかけだった。海外で見た初めての映画だったので、周りが笑いながら観てたのが新鮮だった。笑いのツボが違うんだなと思ったことをよく覚えている。やや説教臭いシーンもあるけど、映像がきれいなドキュメンタリーなのでその後何度か観てる。おすすめです。

シェフのテーブル

f:id:kazy1991:20170326111308j:plain

あらすじ

世界の食通をうならせる極上の一皿はどのようにして創り出されるのか? 孤高のシェフ6人の技と物語を追う、Netflixオリジナルドキュメンタリー

ミシュランで星を獲得したシェフの生い立ちを取材したドキュメンタリー。3シーズン+フランス編があり24名のシェフが登場する。 当たりハズレも大きいですがシーズン1の1話はおすすめなので試しに見てほしい。

Cooked

f:id:kazy1991:20170326112825j:plain

あらすじ

人間は料理をする: Netflixオリジナル作品. 米国きっての食の権威であるマイケル・ポーランが、料理の奥深さを探り世界を巡る。人類が料理と共に進化してきたことを認識させてくれるドキュメンタリー

4話構成で各話のサブタイトルが火, 水, 空気, 土。 マイケルは料理人ではなく、教授や作家として有名な人らしい。このドキュメンタリーは彼の著作を元に映像化したもので料理の起源について紹介している。